特定の個人・団体・企業を誹謗中傷するコメントを見つけた場合、即刻削除させていただきます。ご了承ください。

2017年09月15日

あなたはどれだけパヨクなのか、診断するテストを勝手に作ってみました。






 今日は、「あなたはどれだけパヨクなのか」ということを診断するテストの動画を勝手に作ってみました、という動画を紹介します。



↓チャンネル登録はこちら






これは、今日の北チョンのミサイル発射のとき、チョンパヨクテレビに毒された弟が「防衛したければ自分でやれ」と私をなじったことをきっかけに作ったものです。
パヨクって、政府が防衛力を強化しようとすると、「安倍、てめえが戦争に行け」とかよく言うから。

テレビを見ているとバカになるって本当だったんだな。


パヨクって、安倍首相が北に命令してミサイル発射させてるって本気で思ってるらしいよ。
バカだからwwwww↓


安倍北ミサイル.jpg

(パヨクの頭の中を揶揄した面白画像 よくこんなバカなことを真面目に考えられるな)

おまけ
紹介した動画の中で面白かった画像、再掲しちゃうよ


遺憾の意.jpg

(日本独自開発の核弾頭シリーズ「遺憾の意」
本気で笑ってしまった。こんな核弾頭に殺される敵国は哀れだwwwww)

(↓Web拍手ボタンです。お気軽にクリックしてみてください。)

posted by 新生日本国義勇軍三等兵 at 17:07| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

憲法を守りすぎると…独裁政権ができる!?






皆さん、大変お待たせいたしました。
今回は、「憲法を守りすぎると独裁政権ができちゃう!?」という衝撃の事実を述べた動画をお届けします。↓



↓チャンネル登録はこちら






この動画は憲法を守りすぎるとろくなことにならないといういい実例ですね。
いまの日本だって、憲法改正しないから北チョンをはじめとする隣国の土人どもに好き勝手やられ放題だし!!!


(↓Web拍手ボタンです。お気軽にクリックしてみてください。)

posted by 新生日本国義勇軍三等兵 at 09:20| Comment(0) | ヨーロッパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

百田氏「原爆慰霊碑の「過ちは繰り返しませぬから」って言葉に惑わされているようじゃダメ」






 今回は、作家の 百田尚樹氏の広島での講演の記事をご紹介します。

百田尚樹氏広島講演 「過ちは繰り返しませぬから」に違和感覚えるかどうかが「自虐史観から脱却できているかのリトマス試験紙」


 現実の世界で国民の平和と安全をどう守るかを学ぶ講座「8・6広島平和ミーティング」が6日、広島市中区のホテルで開かれた。「世界激変、問われる日本の覚悟」と題して、作家の百田尚樹氏が講演。「平和」と唱えていれば平和になるという夢想から脱却しようと訴え、約1500人が耳を傾けた。

 講座は、国ごとの現実的な利害関係がからむ国際関係を無視して真の平和を実現することはできないとするメッセージを、「原爆の日」の広島から発信しようと、日本会議広島が平成21年から開いている。

 9回目の今年は、百田氏の講演に先立って、中国に侵略されて独立を奪われ新疆ウイグル自治区と名称を変えられたとする東トルキスタン亡命政府のアフメットジャン・オスマン大統領が登壇。侵略の結果、住んでいた地域で中国による核実験が繰り返された歴史や、民族のアイデンティティーが今もなお奪われつつある現状などを訴え、「中国の脅威」は日本人にとってもひとごとではないと警鐘を鳴らした。

 百田氏は、軍事施設ではない市街地を狙った米軍の空襲は明確な戦争犯罪であることを指摘し、原爆慰霊碑に記された「過ちは繰返しませぬから」という言葉に違和感を覚えるかどうかが、自虐史観から脱却できているかのリトマス試験紙だと主張。国際条約で禁止されている非戦闘員の殺傷を目的とした戦闘行為である原爆投下や東京大空襲を批判するたびに寄せられていた「日本が悪かったから空襲された」という反論がここ数年で減りつつあると述べ、若い世代を中心に自虐史観が薄れつつあるとの考えを示した。

さらに、憲法を改正して自衛隊を国防軍にすると軍国主義が復活するとか、戦争を呼び込むことになるとか主張する意見を批判。約200年にわたって戦争に巻き込まれていない永世中立国のスイスは徴兵制をとる国民皆兵国家で、人口比では自衛隊の10倍以上となる規模の軍隊を保持していることや、逆に軍隊を廃して永世中立を宣言したルクセンブルクは第一次世界大戦と第二次世界大戦の2度にわたってドイツ軍に国土を蹂躙(じゅうりん)された結果、現在は軍隊を保持して軍事同盟である北大西洋条約機構(NATO)に加盟している歴史を紹介し、言葉のみに頼る「平和」がいかに無力かを力説した。

(記事ここまで)

〜私が勝手にまとめたこの記事の要旨〜

百田氏「原爆慰霊碑の「過ちは繰り返しませぬから」って言葉に若者たちが惑わされなくなったな。日本が悪かったから米軍から空襲された、という自虐史観から脱却しつつあるのはいいことだ」

広島原爆慰霊碑.jpg

百田氏「平和平和って念仏のように唱えても平和なんてくるわきゃねーよ。憲法改正すると戦争を呼び込むだ?バカいってんじゃねーよ。永世中立国のスイスなんか国民全部軍人だぜ?ルクセンブルクですら今は軍隊持ってるわ」

(勝手に変な言葉に変換してます すみませ〜ん)

ここだけの話、憲法改正しないで守り通そうとしすぎると、逆にとんでもないことが起きる場合もあるんですがね。
自分、今そのことについての動画作ってる最中です。お楽しみに(笑)

(↓Web拍手ボタンです。お気軽にクリックしてみてください。)

posted by 新生日本国義勇軍三等兵 at 09:31| Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする